Web福音館

第三級物語士

西崎憲 「第三級物語士」

高校二年に上がる前の春、ぼくは第三級物語士になった。2016.12.05

オニキスのピアス――続 あかつきの猫部隊

前川美穂 「オニキスのピアス――続 あかつきの猫部隊」

ひりひりする季節の向こうに待っていたものは…2016.10.05

ねこもけむしも、ふわふわだった。

澤口たまみ 「ねこもけむしも、ふわふわだった。」

母と、子どもと、自然と、いきもののおはなし。2016.12.01

グドーさんのおさんぽびより

たかどのほうこ 「グドーさんのおさんぽびより」

ちょっとおとぼけなおじさんグドーさんのくすっと笑えるのどかな日常2016.11.09

あかつきの猫部隊

前川美穂 「あかつきの猫部隊」

行く先もわからず走り続け傷ついた、ピュアで激しい日々の記憶。2016.03.05

まく子

西加奈子 「まく子」

慧は小さな温泉街の旅館の息子。彼の暮らす集落に、コズエと名乗る同い年の女の子が越してくる。2015.12.05

落語少年サダキチ参上

田中啓文 「落語少年サダキチ参上」

とにかく押しに弱い少年忠志が、ひょんなことから落語に出会い……。2016.04.27

千曲川でおぼれる

松本仁一 「千曲川でおぼれる」

『アフリカを食べる』の著者松本仁一さんの少年時代は千曲川とともに2015.12.05

アーカイブ

お知らせ

Web福音館へようこそ。
ここは物語の住む家です。

2015.04.20

新連載がはじまりました。更新もいたしました。

春はいったいどこへ? 気がつけばもうすぐ大型連休ですね。民家の庭先に、ちらほら鯉のぼりを見かけます。さて、新連載がスタートいたしました。田中啓文さんの『落語少年サダキチ参上』です。タイトルに全てが凝縮されています。とにかく押しに弱い少年忠志が、落語と出会ったことで、おいおいとんでもないことになっていくのですが、そのとんでもなさの次元が違います。サダキチは西の子なので、出会う落語は上方落語です。『千曲川でおぼれる』第3回では、つにハチの子を食べます。ハチの子ならまだいけそうです。

(もっと読む...)

本になった作品

落語少年サダキチ

落語少年サダキチ
田中啓文 作/朝倉世界一 画

まく子

まく子
西加奈子 作

本になった作品一覧はこちら

お便り